ユーカリ精油で風邪予防Kobe-santalum
<ユーカリの木>

11月も下旬になり、ぐんと寒くなってきました。
2週間ほど前から我が家では子供たちが鼻をかんだり、少し咳がでたりと風邪の症状が出始めています。

子供たちは熱がでることもなく自分の免疫力だけで治ったようですが、数日前から私も鼻が重~い感じです。

食事と睡眠はもちろん気を使いますが、日中ぼぉ~っとして集中力が続かないので、頭をクリアにする精油ブレンドに鼻を楽にする精油もプラスして芳香浴を数日続けました!

4日ほど経ちますが、鼻の通りも楽になり、症状は悪化することなく改善しています。

ですので、本日は鼻の風邪に有用なアロマブレンドについてお伝えしたいと思います!

 

鼻風邪用の精油のブレンド

風邪対策芳香浴KOBESANTALUM01

鼻の通りをよくする精油の代表としてユーカリが有名です。
ですので、ユーカリがあればそれだけでも良いのですが、
せっかくなので香りも楽しみたいし、他の精油もブレンドすることによってお互いの効能の相乗効果も期待できますので、ブレンドを楽しみたいと思います♪

鼻通りに有用なアロマブレンドレシピ

・ユーカリ
・ローズマリー
・ペパーミント
・ラベンダー
・ティトリー

上記を1滴づつ入れて合計5滴で試してみてください。

ユーカリの種類ですがは一般的にユーカリというとグロブルスです!

ユーカリグロブルスの精油は頭脳を明晰にし、やる気を起こさせ、集中力を高めてくれます。
また殺菌作用や抗ウイルス作用、頭痛や偏頭痛の鎮痛作用に優れています。

呼吸器系の炎症、喘息や副鼻腔炎、痰などの緩和に効果があり、
咳や風邪などの時に胸に塗る薬には、たいていユーカリが入っていますね♪

ただ、このグロブルスは刺激が強いので長時間の使用は避け使用量を少なくしたり、薄めるなどして様子を見ながら使用してください。
(今回のレシピも1滴のみの使用にしています)

刺激が強い精油ですので、高血圧症やてんかんの持病がある方は使用しないほうが良いでしょう。

また、気管支が弱い方やお子さんの呼吸器系の使用は
作用が穏やかなユーカリ・ラディアータをお勧めします。

上記のレシピですが、もしすべての精油がなければあるものだけでもいいのですが、
ユーカリとペパーミント、あればローズマリーでブレンドしましょう。

とてもよく使う精油ですしね♪

この精油を軸として、その時の気分によって精油を変えます。
グレープフルーツ、レモン、ライムなどもすっきりとして良い香りですし、ベルガモットやオレンジだと明るい気分になれますよ!

症状によってブレンドを変えれるので、数種類あると楽しいですね。

このブレンドをスプレーにしてもいいですし、クリームにして胸や肩、のど元に塗るもお勧めです。

また、AEAJではお勧めしてませんが、精油の原液を直接塗布するという方法もあります。
原液を直接使える精油の種類は限られていますし、いろいろと注意事項もありますので、
詳しいお話は講座内でさせていただいています。
(ヨーロッパでは、原液塗布も盛んに行われています。ちなみにユーカリは直接塗布はしません)

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね♪

記事が参考になりましたら、↓をクリックお願いいたします(^-^)
⇒アロマテラピーブログランキングへ♪