アロマフェスタ2016 in Osaka vol.2

アロマフェスタ2016

アロマフェスタはAEAJの主催する
年に一度のイベントです。

アロマテラピーグッズのバーゲン会場と
セミナー会場がありますが、
前回はバーゲン会場の様子をお伝えしました。
⇒詳細記事はこちら

今回はセミナーについての感想と
得た知識についてお話したいと思います。

今年は、小島理恵さんのハーブガーデンの講座と
蓬田勝之さんのバラの香りの美学にていてです!

両方とも私には興味深く、
じっくりとお話を聞かせていただきました。

アロマフェスタ2016 セミナー1

アロマフェスタ2016

セミナー1 13:00~14:10
「初心者でも楽しめる
オーガニックなハーブガーデン」
講師:小島理恵さん

小島理恵さんは造園会社で勤めた後独立して
科学的な農薬や肥料を使わず、植物そのものの力を引き出す、
オーガニックな庭作りをされています。

花や木も良くご存じですが、彼女は食べるもの主体の
キッチンガーデンを特に得意とされているようです。

アロマフェスタ2016

私も、ハーブや野菜など育てて、自家製のハーブティや
薬膳などを作ってみたい!!という気持ちがあるのですが、
いつも虫や病気にやられてしまいます。

バジルやミントでさえ、幼虫に食べられてしまうので、
去年は結構見つけては補殺したのに、それでも大変でした(^_^;)

小島さんは「幼虫は卵のうちにその葉を取り除くこと
アブラムシは最初の一匹が10日後には10倍になるので、
とにかく、最初の一匹を補殺しましょう」
とおっしゃってました。

慣れてきたら、どこに虫がつくのか分かるそうですが・・・
よし!今年はがんばろう!!

それから、水やりは土が乾いてからというのは
みなさんもご存じだと思いますが、
必ず指を土に指して、指の第一関節あたりで
湿っているようなら、まだ水やりはまだいいそうですね。

私は指までは突っ込んでなかったですね。
これも勉強になりました。

次に木酢液についても興味深いお話がありました。
この液体自体は、殺虫作用は期待できないそうで、
水の吸収率をあげてくれるのだそうです。

なので、植物が水切れで元気のない時に
木酢液を薄めた水をあげると、
早く元気になってくれるのだそうです。

これも初めて知ったことですね。
ずっと、虫除けになると思ってました。

他にも害虫対策のお話もしてくださり、
無農薬のオーガニックキッチンガーデンを夢見る私には
とても勉強になりましたよ♪

アロマフェスタ2016 セミナー2

アロマフェスタ2016

セミナー2 14:30~15:40
「バラの香りの美学~野生種からモダンローズ~」
講師:蓬田勝之さん

バラは大好きな花の一つです。
いえ、バラが一番でしょうか?

たくさんの品種がそろい、香りも素晴らしいですよね。

実はアロマテラピーでも、バラは優れた効能があります。
「香りの女王」とも呼ばれ、精神的にネガティブな時や
女性特有の悩みPMS、などにも有用で
美肌にも役立ちます。

(ちなみに「香りの王様」の異名を持つのは
ジャスミンです♪)


蓬田さんは、資生堂研究所で精油や香料の香りの
研究をされていて、現在は独立し、
世界で初めてバラの香りを7分類した方なんです。

アロマフェスタ2016

「バラの香り」と言えば、蓬田勝之さん!なんですね。

科学的に香りを分析されていて、
特に印象的だったのが
「ティーローズエレメント」という有機物質
ジメトキシメチルベンゼンというのが正式名称です。

この香り物質が、なんとラベンダーよりもはるかに鎮静効果が高いのだそうです。

これには私もびっくり!

ということは、落ち着きたい時(血圧を下げたい時)は
ティーの香り物質を多く含んだバラの品種を
購入して飾っておけば、効果が期待できそうですね!

バラの香りって、科学で紐解くと
本当に奥深いんだな~と改めて思いました。

アロマフェスタ2016

最後に、お弁当の写真を♪

アロマフェスタ2016ランチ

サンドイッチと、マカロンやクッキーなどのスイーツ
そしてドリンク付きでした(^_^)

量は少なめですが、私は普段お昼はほとんど食べないので
これくらいがちょうどよくありがたいです!

朝から夕方まで、アロマづくしの一日でした。
欲しかった精油もお安く手に入り
知識もたっぷりいただけて、とても充実した一日となりました。

今回学んだ新しい知識を
今後のアロマ講座にも生かしていきたいなと思います♪

最後まで読んでいただいてありがとうございました♡

⇒アロマテラピーブログランキングはこちら