本物の精油を見極めるには?

精油03

日本では精油は雑貨扱いなので、アロマテラピー関連のショップや雑貨屋、
また、100円均一のお店などでさまざまな商品が販売されています。

その中には、容器の見た目は精油に似ていても、
ポプリ用や芳香用の合成香料の場合があるため、注意が必要です。
これらは、たいてい「ポプリオイル」や、※「アロマオイル」という名前で売られていて、
アロマテラピーには使用できません。
※「アロマオイル」という名前でも100%天然の精油を扱っているお店もあります。
なのでややこしいのですが、精油ボトルに記載された「学名」を確認すると本物かどうかわかりますよ
また、他の確認方法ですが、「AEAJ表示基準適合精油認定制度」という基準があるので
「AEAJ表示基準適合精油認定」されている精油なのかということをチェックするのも、一つの目安になります。

AEAJ表示基準適合認定精油として認められた精油には、
ラベル部分や使用説明書に必ず精油製品情報の8項目と
4つの使用上の注意事項が記されています。

誰もが、安心して安全に精油ブランドをお選びいただくためのルールなんです♪

1. ブランド名
内容、パッケージ、容量などブランドによりさまざまな個性があります。
お気に入りのブランドを見つけましょう。
またいろいろなブランドを集めるのも楽しいですね。

2. 品名
「ペパーミント」や「レモン」などの植物の名前(通称名)が表示されています。

3. 学名
植物は国や地域の方言により呼び名が異なることがあるため、
学名を使用することで間違いを防ぐことができます。

4. 抽出部分
同じ学名の植物でも抽出部分が異なると精油の内容も異なります。
例えば、花と葉では当然香りも違ってきます。

5. 抽出方法
同じ植物、抽出部分でも抽出方法が異なれば精油の内容も異なります。
同じ植物から異なる抽出方法により抽出されている精油もあります。

6. 生産国(生産地)または原産国(原産地)
産地により土壌、天候が異なるため、精油の内容に大きな影響を与えます。
産地は精油の個性をあらわす重要な情報です。

7. 内容量
精油の内容量を示しています。

8. 発売元または輸入元
精油を販売する上で責任の所在を表すものです。
発売元や輸入元、製造元となる会社の会社名、住所が記載されています。

上記の内容が満たされるとAEJAから認定されますので、
精油を購入する際の安心の目安になりますね!

では、実際どんな精油がいいのかですが、お値段の幅がけっこうあります。

高額なブランドは、

point8_7s実際の店舗がある老舗ブランド

point8_7sオーガニック

という特徴があります。

直接肌に塗ったりするので(キャリアオイルなどで希釈してからですが)、
オーガニックしか使わない!という人も多いですが、芳香浴などが主体でしたら、
ネットショップなどは比較的安価でAEAJ認定の精油を求めることも可能です。

老舗ブランド精油のご紹介

ニールズヤードレメディーズ
1981年にイギリスで初めてのナチュラルアポセカリー(自然薬局店)をオープン。
「本当の美しさとは日々を幸せに暮らす人の、健康で華やいだほほえみである」
創業者ロミーフレイザーの想いが守られ、現在もオーガニックの精油を提供している老舗ブランド。

ニールズヤードオーガニック精油01
⇒ニールズヤード公式HP
⇒ニールズヤード 楽天ショップ

生活の木
日本でお馴染みのアロマ専門店。初めてのアロマは生活の木だったという方も多いのではないでしょうか?
お店に行くとハーブコーディアルを配ってくれるのも嬉しいですね。

生活の木 精油

⇒生活の木公式ページ
⇒生活の木 楽天ショップ

リーズナブルで安心な精油のご紹介

ブランドショップは安心・信頼の精油が取り揃えていて、
しかも店舗に行って実際精油の香りを確かめることができるのがうれしいところ♪

でも、なかなか買い物をする時間がないという方、
また最初はなるべくリーズナブルに始めたいかたには、ネットショップがおすすめです。

※1、ネットショップ Layla(レイラ)
品揃えも豊富でロゴもシンプルで、日本アロマ環境協会の表示基準適合精油も満たしているので、
比較的安心して使えると思います。

※追記:
2017年現在 INCSENT CO. ONLEINSHOP インセントオンラインストア と名称が変更になりました。

2.ease-aroma-shop(イーズアロマショップ)
こちらのショップもAEAJの基準を満たしています。セットで購入するとお得ですよね。

上記の精油とブランドの精油では精油の種類によっては価格差がかなりあると思います。
香りの差ですが、実際収穫されてた時期や場所によって、同じブランドでも少しはバラつきがありますので、
一概にこのブランドの香りが一番良い!とはいえないのですが、
やっぱりお値段が高いほうがしっかりと香ることがあります。
(でも、ものによってはほとんど同じなのもあるんです)

芳香浴用はお手頃な精油で、化粧品用などはオーガニックの有名ブランド精油にする
という風に、使い分けをするのも良い方法だと思いますよ♪